育児をしている間に、年末年始にアルバイトをしようと考えている主婦はたくさんいるようですが、希望通りのものが探せないという経験談を耳にします。

主婦の願うアルバイトの形態と、募集先が求めている形態に違いがあるからです。
毎日少しずつ時間を取れる場合はやりやすいのですが、それができない人は就職口の確保が大変になります。

子供が小学校もしくは幼稚園に行っている時間だけ働こうと願っている主婦が多くを占めています。
それに、毎日ではなく、1週間に3日程度仕事できれば一番やりやすいと考えている人が少なくないようです。

子どもの帰宅時間に家に着いていれば子供も寂しくありませんし、1週間に3日ほどであれば家事も十分に行えるでしょう。

加えて、すぐさまフルタイム勤務をすることに心配を感じる場合もあるかもしれません。
本格的に社会に働きに出るまでの練習期間で、年末のお歳暮期にアルバイトをするという人も少なからずいます。

そういったことが、アルバイトをしたい主婦の考えと雇用者としての企業の考え方に違いをもたらせているのです。
小さな子どもがいるせいで、不採用となることも珍しくありません。
なぜかというと、子どもの風邪やイベントなどを理由にいきなり休まれるのを嫌うためです。
雇用者側の事情を考えればそれもわかることですが、すべてがこのようでは主婦の年末年始のアルバイトは不可能でしょう。

特に、長期勤務で募集しているアルバイトにはこの傾向がありがちのようです。
小さな子どもがいる同じ地域の主婦を複数雇用してしまうと、彼女たちの休みが同じ日になるというリスクが高くなるからです。

それに、子どもが夏休みで家にいる間面倒を見る人がいないなどの点も主婦のアルバイトの障害になっています。